ビジョンミッション成長ブログ

ビジネス書や仕事術、iPhone、iPad、Mac、Apple Watch、Android、Xperiaの情報などを紹介。ビジョンやミッションを持って成長していくために参考になることを書いています。

AirPodsとWF-1000XM3、どちらがいいか?比較。仕様スペック。良いところ、いまいちなところ

完全ワイヤレスイヤホン、便利ですよね。コードがからまないのは、やはり良いです。

最近では、いろいろ選択肢がありますが、iPhoneやスマホで使うということだと、AppleのAirPods(第2世代)とソニーのWF-1000XM3は、選択肢になるかもしれません。

ということで、両方使ってみて、どちらがいいか、その比較などについて書いておきます。

 

ちなみに、それぞれの開封写真や簡単な感想などは、以下の記事です。

SONY WF-1000XM3を購入・完全ワイヤレスイヤホンノイズキャンセリング。開封写真とちょっとした感想。レビュー - ビジョンミッション成長ブログ

 

新しいAirPods(第2世代)を購入。AirPods with Wireless Charging Caseが届きました。開封写真やちょっとしたレビュー感想など - ビジョンミッション成長ブログ

 

Apple AirPods with Wireless Charging Case (最新モデル)

Apple AirPods with Wireless Charging Case (最新モデル)

 

 

 

AirPodsとWF-1000XM3

 

AirPodsとWF-1000XM3、どちらがいいか?比較

どちらも途切れにくくなっている

まず、AirPods(第2世代)もWF-1000XM3も、どちらもBluetooth接続が切れにくくなっています。

人混みなどだと、やはり切れてしまうこともありますが、かなり安定して接続されます。

そういう意味では、まずどちらも、日常的に使うには問題ないレベルだと、個人的には思っています。

その上で、どちらを選ぶかですね。

 

以下、それぞれの特徴について簡単にまとめておきます。

AirPodsの特徴

まずは、AirPodsの特徴から

 

・Wireless Charging Caseがある。ワイヤレス充電が可能 
・「Hey Siri」と話しかけるか、ダブルタップで瞬時にSiriへアクセス
・Apple製デバイスを簡単にペアリングが可能

 

大きな特徴は、この3つでしょうか。

Wireless Charging Caseを使えば、ワイヤレス充電が可能です。ワイヤレスでiPhoneなどを充電している人には便利ですね。

また、Hey,Siriで、Siriにアクセスができます。 

 

そして、Apple製のデバイスと簡単にペアリングが可能です。iPhoneで一度ペアリングすると、iCloudで同期を取っている、Mac、iPadなどで、すぐにペアリングをすることができます。簡単です。

 

 WF-1000XM3の特徴

次に WF-1000XM3の特徴です。

 

・ノイズキャンセリング機能がある
・左右独立の接続、同時伝送
・アンビエントサウンド(外音取り込み)モードがある

 

まず何と言っても、ノイズキャンセリング機能があるのが、 WF-1000XM3の大きな特徴でしょう。完全ワイヤレスイヤホンで、ノイズキャンセリング機能があるイヤホンはまだ少ないです。

また、 左右独立の接続、同時伝送を実現しています。片方だけでも聞くことができます。

そして、アンビエントサウンド(外音取り込み)モードがあり、外の音を取り込むことができます。

 

SiriとGoogle Asssitant、両方使えますね。「Hey,Siri」と声には対応していませんが。

どちらも、防水はうたっていない

ちなみに、AirPods(第2世代)とWF-1000XMどちらも、防水性能はうたっていません。

しかし、AirPodsの場合は、こういうこともありますね。

AirPodsは、落としたり、洗濯したり、水没しても大丈夫なのか?防水機能などはないのではないかと思うが - ビジョンミッション成長ブログ

どちらかと言えば、AirPodsのほうが防水などには強そうですが、防水性能が欲しい方は別のBluetoothイヤホンを購入するのが良さそうですね。

 

価格の比較

AirPods with Wireless Charging Case 22,800円 (税別)

AirPods with Charging Case 17,800円 (税別)

 

WF-1000XM3 オープン(26,000円ほど)

 

価格は、このようになっています。

AirPodsのほうが安いですね。安いのが良い人は、AirPodsということになりますね。

 

AirPods (第2世代) with Wireless Charging Caseの仕様スペック

AirPods(第2世代)

AirPods (第2世代) with Wireless Charging Caseの仕様スペックは、以下のようになっています。

 

重量 AirPods(左右各):4 g Wireless Charging Case:40 g
サイズ AirPods(左右各):16.5 × 18.0 × 40.5 mm Wireless Charging Case: 44.3 × 21.3 × 53.5 mm
接続 AirPods:Bluetooth
Wireless Charging Case:ワイヤレス(Qi対応)充電マットと、Lightningコネクタを使った充電に対応
アクセシビリティ オーディオのライブリスニング
AirPodsセンサー(左右各): デュアルビームフォーミングマイクロフォン
デュアル光学センサー 動きを感知する加速度センサー 音声を感知する加速度センサー
電源 AirPods with Wireless Charging Case:24時間以上の再生時間、最大18時間の連続通話時間 AirPods(1回の充電):最大5時間の再生時間、最大3時間の連続通話時間
Wireless Charging Caseで15分充電:最大3時間の再生時間、または最大2時間の連続通話時間

カラー:ホワイト

 

各4グラムとなっています。軽いですね。

1回の充電で最大5時間ほど使用できますね。

 

WF-1000XM3の仕様、スペック

f:id:kobabiz:20190712154240j:plain

WF-1000XM3の仕様、スペックは、以下のようになっています。

イヤホン

重量:約8.5 g×2
型式 密閉, ダイナミック
ドライバーユニット 6mm ドーム型(CCAWボイスコイル採用)

電源 DC3.7V : 内蔵充電式リチウムイオン電池
充電時間 約1.5時間
充電方法 USB充電(ケース使用)
電池持続時間(連続音声再生時間) 最大6時間(NC ON)/最大8時間(NC OFF)
電池持続時間(連続通話時間) 最大4時間(NC ON)/最大4.5時間(NC OFF)
電池持続時間(待受時間) 最大9時間(NC ON)/最大15時間(NC OFF)

Bluetooth

通信方式 Bluetooth標準規格 Ver.5.0

出力 Bluetooth標準規格 Power Class
最大通信距離 見通し距離 約10m
使用周波数帯域 2.4GHz帯(2.4000GHz-2.4835GHz)
対応Bluetoothプロファイル A2DP, AVRCP, HFP, HSP
対応コーデック SBC, AAC
対応コンテンツ保護 SCMS-T
伝送帯域(A2DP) 20Hz - 20,000Hz(44.1kHzサンプリング時)

カラー プラチナシルバー、ブラック

 

イヤホンの重量が、各8.5グラムになっています。AirPodsに比べると重いですね。

1回の充電で、最大6時間使用できるということです。

 

AirPodsの良いところ

ペアリング、切り替えが簡単

iPhoneだけではなく、iPad、Macなどで簡単にペアリングできて、切り替えて使えるところが、まずは良いですよね。 

iPhoneからiPad、iPadからMacなどの切り替えも簡単です。Appleの機器を使う人にはほんと手軽に使えるので良いと思います。

 

ワイヤレスで充電できる

ワイヤレスで、ケースの充電ができます。Wireless Charging Caseが必要ですが。

iPhoneをワイヤレスで充電している人には、これは便利なところですね。

Lightningケーブルにつなげなくて良いので。

 

AirPodsのいまいちなところ

デザインが好き嫌いがわかれる

デザインは、人によって好き嫌いがわかれるところだと思います。

このデザインが嫌だということだと、AirPodsはないですよね。

AirPods

カラーがホワイトしかない

今のところ、AirPodsのカラーはホワイトしかありません。そのうち、ブラックなどが登場するかもしれませんが、カラーの選択肢はないですね。

これは、日頃使うということを考えると、選択肢があると良いですよね。 

 

WF-1000XM3の良いところ

WF-1000XM3

ノイズキャンセリング

何よりも、まずノイズキャンセリングでしょう。

WF-1000XM3の大きな特徴ですし。ただ、イヤーパッドが耳に合っていないと、そこまで効かないというのはあります。

合っていると、結構効いているというのは、WF-1000XM3を外すとわかりますね。

 

SiriとGoogle Asssitant、両方使える

SiriとGoogle Asssitant、両方使えます。iPhoneだと、これはちょっと便利かもしれません。

Androidだと、Siriは使えないので、そこまで関係ないかもしれませんが。

 

カラーは、ブラックとプラチナシルバーがある

カラーは、ブラックとプラチナシルバーがあります。わたしは、ブラックを選んでみました。ケースもブラックで、傷などが目立たなそうなのが良いですね。

 

WF-1000XM3のいまいちなところ

長時間だと耳の中が疲れる

イヤーパッドなので、長時間装着していると、耳が痛くなるというのはありますね。

イヤーパッドが合うかどうか、WF-1000XM3ではノイズキャンセリングの効きにも関わるので、これは大きなところかもしれません。

Macとのペアリングは面倒

そのうち改善されるかもしれませんが、Macとのペアリングは面倒です。(Windowsはそうでもない)

WF-1000XM3を、Macとペアリングしてつなげる方法 - ビジョンミッション成長ブログ

WF-1000XM3が、iMacで途切れる。原因は、Magic Trackpad2でした

Macとペアリングして、Magic Trackpad2と使っていると、ぶちぶち切れます。Magic Trackpadをケーブルでつなげば問題ありませんね。これも、改善されるかもしれませんが。 

また、一度つなげれば、その後は、使えています。

音は、WF-1000XM3が若干良いと思う

また、音は、WF-1000XM3が若干良いと思います。

これは、好みでしょうけれど。

WF-1000XM3はアプリでイコライザーがあります。

Sony | Headphones Connect

Sony | Headphones Connect

  • Sony Home Entertainment & Sound Products Inc.
  • ユーティリティ
  • 無料

アプリ

自分好みに変えられますね。AirPodsには、こういうのはないですよね。
  

使用時間は、大差はない

1回の充電で使用可能な時間は、正確に測ったわけではないですが、WF-1000XM3のほうが少し長いかなという印象ですね。

そこまで変わりはない気もしますし、ケースで充電すれば、急速充電で、どちらもすぐに使えるようになります。

ケースさえ充電されていれば、どちらもありだと思います。

 

マイクは、AirPodsのほうが良いかも

マイクは、AirPodsのほうが良いかもしれません。

 

自分では聞いていないのですが、電話などを受けて、WF-1000XM3だと聞き取りにくいと言われるのはありました。

AirPodsは、そのあたりは大丈夫そうです。 

ケースの大きさ

f:id:kobabiz:20190720134850j:plain

ケースの大きさですが、WF-1000XM3のほうが、AirPodsの倍ぐらいあります。

イヤホンの重さも倍ぐらいありますね。

 

カバンに入れてしまえば、そこまで気になることではないかもしれませんが、コンパクトなほうが良い人は、AirPodsということになりますね。

そういう意味で、AirPods、すごいですよね。 

まとめ。iPhone・MacユーザーはAirPods、AndroidユーザーはWF-1000XM3

Apple AirPods with Wireless Charging Case (最新モデル)

Apple AirPods with Wireless Charging Case (最新モデル)

  • 出版社/メーカー: Apple(アップル)
  • 発売日: 2019/03/27
  • メディア: エレクトロニクス
 

ということで、 AirPodsとWF-1000XM3、どちらがいいか?比較を簡単にまとめると

 

・質量が軽いのは、AirPods

・ケースが小さいのは、AirPods

・ワイヤレス充電ができるのは、AirPods

 

・ノイズキャンセリングがあるのは、WF-1000XM3

・カラーにブラックがあるのは、WF-1000XM3

・SiriとGoogle アシスタントが使えるのは、WF-1000XM3

 

そして、結論として 

 

・iPhone、Macなどで気軽に使いたい方は、AirPods

・ノイズキャンセリングが欲しい、もしくはAndroidスマホユーザーは、WF-1000XM3

 

ということになるかと。

ちなみに、AirPodsは、Androidでも使えます。まあ、iPhoneやApple製品で使うほうが、Siriなどで良いですよね。

WF-1000XM3は、Xperiaやノイキャンが欲しい方が使うと、やはり満足度が高くなると思います。

 

ちなみに、最近は、わたしは、iPhoneで、WF-1000XM3を使うことが多いです。そして、家などでは、AirPodsですかね。

両方使ってみて、どちらも良いです。大きな違いはないかもしれませんが、完全ワイヤレスイヤホンに自分が求めることをはっきりさせて、AirPodsにするか、WF-1000XM3にするか、選びたいですね。