ビジョンミッション成長ブログ

ビジネス書や仕事術、iPhone、iPad、Mac、Apple Watch、Android、Xperiaの情報などを紹介。ビジョンやミッションを持って成長していくために参考になることを書いています。

 iPhone11、iPhone11 Pro、iPhone11 Pro Maxの予約状況。在庫確認。入荷状況まとめ。ドコモ、au、ソフトバンク、Apple公式サイト。家電量販店の予約状況は?
 AirPods Proが発売。主なスペック。ノイズキャンセリング。IPX4の耐汗耐水。シリコン製イヤーチップ採用
 新型iPad Pro 11、12.9インチどっちがいい?違い、比較。スペック。使い分けなどと
 ドコモ。Galaxy S20 5G(SC-51A)ホワイトを購入。開封写真と簡単な感想、レビュー  MacBook Pro 13インチと15インチ、どっちがいいか?2019年。スペック比較、これまで使ってきて感じていること
 iPad Pro(2018)の11インチ、Cellularモデルを購入しました。開封写真。レビュー、感想。購入理由など
 Macノートパソコン。おすすめは?どれがいい?2018年。比較まとめ。MacBook、MacBook Pro、MacBook Air
 おすすめの本・ビジネス書を2015年に読んだ良書から15冊


iOS14で、ウィジェットがホーム画面に追加可能に

Appleが、iOS14の新機能などを発表しました。

ということで、気になったところをメモしておきます。  

 Apple

iOS14で、ウィジェットがホーム画面に追加可能に

ブラウザーとメールアプリを選択可能に

iOS14から、ブラウザーとメールを選択可能になるということです。

これまでは、デフォルトはSafariとメールだったりしましたが、これを選択することが可能になります。

 

つまり、これは、LinkTouchブラウザーをデフォルトのブラウザにできるということです! 

LinkTouchブラウザー

LinkTouchブラウザー

  • Tadaaki Kobayashi
  • ユーティリティ
  • ¥250

これはうれしいですね。

やっと変えられます。 

ちなみに、Android版のLinkTouchブラウザーも、デフォルトのブラウザーにすることが可能です。

play.google.com

ウィジェットをホーム画面に

ウィジェットをホーム画面に

ウィジェットをホーム画面に
新しいウィジェットは、時宜にかなった情報を一目でわかるように表示し、ホーム画面のどのページにも、ピンを使って様々なサイズで固定することができます。ユーザーは、ウィジェットのスマートスタックを作成し、デバイスの知能を活用して、時間、場所、アクティビティに適したウィジェットを表示できます。

ということで、ホーム画面にウィジェットを置くことができるようになります。 対応したアプリではということになりますが。

Androidでは可能だった、ウィジェットをiPhoneも実現するようになるということだと思います。 これで、iPhoneのホーム画面がさらに便利になりそうですよね。

これまでは、アプリを置いてあるだけでしたが、情報を表示するといったことができるようになりますから。 時間帯に応じて自動で表示するコンテンツが変わる「スマートスタック」というものもあるようで、もっと便利になりそうですね。

Appライブラリ

Appライブラリ

Appライブラリ

Appライブラリということで、すべてのアプリケーションを操作しやすい1つのシンプルな画面に自動的にまとめて見られるということです。

これも、これまでなかったですよね。 Androidのアプリ一覧のような感じですが、さらに機能別にまとまっているようです。

ユーザーはホーム画面にページをいくつ表示するか選択でき、あるいは簡単に非表示にして、すばやくAppライブラリにアクセスすることもできるとのこと。

こちらも、さらにiPhoneが使いやすくなりそうです。

翻訳アプリ

iOS14には、翻訳アプリが搭載されるということです。

会話の内容を最も簡単に翻訳できる最適なアプリケーションとして設計されており、11か国語による音声やテキストによる会話をすばやく自然に翻訳します。オンデバイスモードでは、アプリケーションのすべての機能をオフラインで実行し、プライバシーを保護しながら音声やテキストメッセージを翻訳することができます。

11か国語を音声、テキストで翻訳してくれるとのこと。 旅先などで、外国人の人たちと話すのに良さそうです。

マップ

マップ

マップ
マップを使うと新しい自転車の経路案内、EV用経路案内、厳選されたガイドにより、ナビゲートや探索がさらに簡単になります。 自転車の経路案内は、道の勾配や混雑の状況、経路に階段があるかどうかも考慮します。 EV用経路案内では、現在の電気自動車の充電率と充電器タイプに基づいて、予定経路にある充電スタンドも表示されます。

マップも新しくなるようです。 EVの経路案内などもあるようですが、日本では対応するのでしょうか。

Safariが新しく

Safariが新しくなるということですね。 世界で最も高速なモバイルブラウザになったということで、速くなるようです。

また、7言語対応の翻訳機能も追加され、英語、簡体字中国語、スペイン語、ドイツ語、フランス語、ロシア語、ポルトガル語に対応しているとのこと。

日本語には対応していないようです。

速くなるようなので、こちらも使ってみたいところです。

iOS14で、iPhoneがさらに使いやすくなりそう

iOS14で、iPhoneがさらに使いやすくなりそうですね。

ウィジェットとAppライブラリは、以前からあったら良いと思っていた機能です。Androidの機能を真似て、さらに改善している感じですね。 他にも、細かいところが改善されているようで、早く使ってみたいですよね。