ビジョンミッション成長ブログ

ビジネス書や仕事術、iPhone、iPad、Mac、Apple Watch、Android、Xperiaの情報などを紹介。ビジョンやミッションを持って成長していくために参考になることを書いています。

iPadに、macOSを載せるようにしたほうが良いのではないか

Apple Siliconを搭載したMacが、2020年内に登場します。

iPhoneやiPadのアプリも使えるという話です。

また便利になりそうだな、楽しみだなと思ったのですが、よく考えてみたら、iPadに、macOSを載せて改良したほうが良いのではないかと思えてきました。

そんなことを、とりとめもなく書いてみます。

 

f:id:kobabiz:20200427123714j:plain

iPadに、macOSを載せるようにしたほうが良いのではないか

iPad ProとApple PencilとMagic Keyboardを使っていると

iPad ProとApple PencilとMagic Keyboardを使っていると、MacBookよりも便利だなと感じたりします。

微妙に違うわけですが、ほとんどMacというかパソコンのようですし、Apple Pencilも使える。

11インチだと、MacBook Airなどより軽い。

 

ただ、OSが、iPadOSなので、Macのアプリが使えないものもある。ファイルの扱いなどが、いまいちこなれていない、といったことがあります。

そういったところは不便を感じます。

 

とはいえ、正直、外出先で、MacBook ProよりもiPad Proのほうが良いと思うことのほうが最近は多いです。

しかし、Xcodeなどがないのでプログラミングができなかったりして、不便だったりもします。

 

iPadで、Macのアプリが使えたら

ということで、iPadで、Macのアプリが使えたらたと思うことがありますね。

逆に、MacでiPadやiPhoneのアプリを使えたらとはあまり思わなかったりします。

 

というのは、iPadやiPhoneで使っているからでしょう。

そして、iPadやiPhoneアプリは、ブラウザなどでできてしまうことが多いからというのもあると思います。

過渡期なのでしょうけれど

まあ、デスクトップのMac、iMacなどは違う観点もあると思いますが、MacBookでiPhoneアプリなどが使えるというよりも、iPadがMacのようになって欲しいというのはありますね。

もう少しいうと、MacBookがディスプレイとキーボードが分離すると良いなと。

そして、それは、iPad ProとMagic Keyboardで。

 

モバイルパソコン、タブレットという話で言ったら、iPad ProとMagic Keyboard、そしてApple Pencilの組み合わせはいい感じです。

これで、プログラミングなどももっとできたら、しやすかったらと思います。

MacBook Proは、重量が重いんですよね。持ち運ぶのがちょっと。

 

今後、Apple Siliconで軽いMacBookが登場して、それがパワフルだとしたら、それは嬉しいのですが、でも、Apple Pencilが使えないとか、ディスプレイと一体型だったら、あまり魅力は感じなくて。

 

そう考えてくると、iPadに、macOSを載せて、Apple Pencilを使えるようにしてくれれば解決するなあと思えてしまう。

Apple SIliconも、そうなると、ある意味もういらないというか。(Aチップで良いというか)

チップを開発、改善していくという意味では意味があるとは思いますし、ハイエンドはまた違うのでしょうけれど。

 

過渡期だから、こうなってしまうのかもしれませんし、企業としていきなりMacはやめられない事情もあったりもするのかもしれませんが、iPadでmacOSが使えるようにするか、MacBookをiPad Proのようにして欲しい。

iPad ProとMagic Keyboardを使っていると、そんなふうに感じてしまう。

もうMacBookはiPadに統合してしまうほうがわかりやすくていいのかもと思ってみたりします。

まあ、Windows(Surface)のようになるとどうなのかというのはありますが、方向性としては、そんな方向性もあるのかもしれません。