ビジョンミッション成長ブログ

ビジネス書や仕事術、iPhone、iPad、Mac、Apple Watch、Android、Xperiaの情報などを紹介。ビジョンやミッションを持って成長していくために参考になることを書いています。

 iPhone11、iPhone11 Pro、iPhone11 Pro Maxの予約状況。在庫確認。入荷状況まとめ。ドコモ、au、ソフトバンク、Apple公式サイト。家電量販店の予約状況は?
 AirPods Proが発売。主なスペック。ノイズキャンセリング。IPX4の耐汗耐水。シリコン製イヤーチップ採用
 新型iPad Pro 11、12.9インチどっちがいい?違い、比較。スペック。使い分けなどと
 ドコモ。Galaxy S20 5G(SC-51A)ホワイトを購入。開封写真と簡単な感想、レビュー  MacBook Pro 13インチと15インチ、どっちがいいか?2019年。スペック比較、これまで使ってきて感じていること
 iPad Pro(2018)の11インチ、Cellularモデルを購入しました。開封写真。レビュー、感想。購入理由など
 Macノートパソコン。おすすめは?どれがいい?2018年。比較まとめ。MacBook、MacBook Pro、MacBook Air
 おすすめの本・ビジネス書を2015年に読んだ良書から15冊


アプリ開発で、最初にブラウザーを作って良かったと私が思う理由

1年と少し前(2019年のはじめぐらいから開発を開始)に、エンジニアではない私が初めて開発したアプリが、iOSのLinkTouchブラウザーという、ブラウザーアプリでした。

ブラウザーを開発するという人もあまりいないでしょうし、さらにエンジニアではないということで、結構苦労はしました。

それから、いくつかアプリを作りましたが、はじめにブラウザーアプリを開発しておいて良かったなというのを、このところ感じます。

 

ということで、なぜそう思うのかその理由などについて書いておこうと思います。

LinkTouchブラウザー

開発元:Tadaaki Kobayashi
価格:¥250

App Store

 

 

アプリ開発で、最初にブラウザーを作って良かったと私が思う理由

自分が使いたいものを作って、満足している

まず簡単なところから書くと、自分がこういうブラウザーを使いたい、欲しいから作って、それが使えるので、とても満足しています。

そういう意味で、作って良かったと感じています。

 

それまでは、ブラウザーのブックマークに移動するのが面倒で、使うたびに、面倒だな、不便だなと思っていました。

これが解消されたので、とても快適です。

 

小さなストレスですが、これがなくなったことが、かなり大きいです。

 

ブラウザーは、毎日使うもの

さらに、私の場合は、ブラウザーは毎日使うものなので、毎日ストレスなく、快適に使えると実感できます。

 

これが、月に1度くらいとか1週間に1度しか使わないものだったら、作ってもあまり意義を感じられないでしょう。

 

欲しいから作ろうと思って作ったわけですが、結果として、毎日使うものだったので、作った意味をとても感じることができています。

 

今なら開発するか迷うけれど

また、初めて作るということで、完成できるのかどうか、作る前にはわかっていませんでした。

アプリ開発についての知識は、ほとんど何も知らない状態からだったので、その後、どれだけ大変なのかも分からずに始めました。

 

それから、いくつかアプリを作って、今、ブラウザーを作るかというと、ちょっと迷いますね。

大変そうだなと思ってしまいます。

 

初めだったので、どうせなら、自分が使いたいと思うものを作ってみようと、知識がないので、ある意味軽い感じで始めたことが、大きかったです。

下手に知識があると、大変さがわかってしまって、やめたくなるというのがあると思うのですが、それがなかったので、素直に作ることができたと思います。

 

アプリ開発の基本をそれなりに押さえられた

その後、いくつかアプリを作ったり、エンジニアの人と話して思うのですが、アプリ開発と言っても、アプリの種類で必要な知識がかなり違ってきます。

そういう意味では、ブラウザを作るというのは、知識があったり経験した人などにわかることですが、エンジニアでも分からない人には分からないことだったりします。

 

私の場合は、ブラウザーを作ることで、アプリ開発の基本をそれなりに押さえられたと感じています。

ブラウザーがわかっているので、アプリ内で、ウェブを表示したいということなどもわかったりします。

ブックマークなどは、テーブルとデータベースのコアデータを使っていたり、と、その後使えそうな機能の実装方法を学べました。

まあ、わからないことはわからないですけれど。

 

Xcodeは、はじめとしては比較的悪くない

Xcodeは、何かを開発する環境、IDEとしては比較的悪くないとも思います。

Android Studioも悪くないのですが、いかんせん重かったりします。

 

初めにXcodeを使うようになったのも、良かったような。

Macを長く使っているので、Xcodeを使うことができるようになったのも良かったですね。

自信にもなった

その後、いくつかアプリを作っていますが、ブラウザーを作れるのだから、他のものも作れるのではと思えるような、変な自信のようなものも得られたような気がします。

 

これも、はじめにブラウザーを作ったからでしょう。

 

ということで、私にとっては、最初にブラウザーを作ったのは、その後、良かったなと思えることになりました。

その時はわかっていなかったですが、作って良かったなと思っています。そして、私の場合は、Androidスマホも使うので、Android版のLinkTouchブラウザーも作りました。これも便利です!

LinkTouchブラウザーのAndroid版を作成、公開しました!

ちなみに、私が作ったアプリなどは、以下にまとめています。

私が作ったアプリなどまとめ

 

開発元:Tadaaki Kobayashi
価格:無料