ビジョンミッション成長ブログ

ビジネス書や仕事術、iPhone、iPad、Mac、Apple Watch、Android、Xperiaの情報などを紹介。ビジョンやミッションを持って成長していくために参考になることを書いています。

WH-1000XM4をソニーが発表。ノイズキャンセリング機能が改善

ノイズキャンセリング機能を搭載したBluetoothヘッドホン「WH-1000XM4」をソニーが発表しています。

WH-1000XM4

ソニー ノイズキャンセリングヘッドホン WH-1000XM4(ビックカメラ) icon

  

 

「WH-1000XM4」

「WH-1000XM4」

「WH-1000XM4」をソニーが発表

ノイズキャンセリング機能を搭載したBluetoothヘッドホン

業界最高クラスのノイズキャンセリング性能に加えて、AI技術を活用することで、「ハイレゾ相当のクリアな音と、音楽体験を最適化するスマート機能を実現する」ということです。

 

業界最高クラスのノイズキャンセリング性能

独自開発「高音質ノイズキャンセリングプロセッサーQN1」の性能をさらに引き出す新アルゴリズムを搭載しているということです。

進化したBluetoothオーディオSoCと「高音質ノイズキャンセリングプロセッサーQN1」との新たな連係により、ノイズキャンセリング性能のアルゴリズムが進化したとのこと。

従来機と比較し、特に中高域の騒音に対してのキャンセル性能がさらに向上したことで飛行機などの騒音環境下はもちろんのこと、街中やカフェの中など人の声が多い環境でも、より静寂の中で音楽に没入できるようになるということです。

 

ノイキャンがさらに改善されているということですね。

 

スピーク・トゥ・チャット(Speak to Chat)と「アダプディブサウンドコントロール」機能

また、使用シーンに合わせてノイズキャンセリング機能などを自動で最適化するスマートな機能を強化。装着中にヘッドホンがユーザーの発した声のみを認識して音楽を一時停止し、外音取り込み機能に切り替えて会話ができる新機能「スピーク・トゥ・チャット(Speak to Chat)」に対応した。

 

さらに、ユーザーの行動や場所に連動して事前に登録したノイズキャンセリング/外音取り込み設定やイコライザー設定に切り替わる「アダプディブサウンドコントロール」機能など、シーンに合わせた最適なリスニング環境を自動で実現するスマートな機能を搭載しているとのことです。

新たにAI技術を組み込んだDSEE Extreme搭載で圧縮音源もハイレゾ級高音質に

ハイレゾ相当の高解像度音源にアップスケーリングする高音質技術「DSEE HX」にAI技術を搭載した「DSEE Extreme」に対応。さまざまなジャンルの楽曲で深層学習を施したAI技術が、再生中の曲のタイプを自動で判別することで、特に高音域の補完性能が向上し、さらなる高音質化を実現しているとのこと。

 

長時間リスニングも快適な装着感とロングバッテリーライフ

電池持続時間は、連続音声再生時間が最大30時間(NC ON時)/最大38時間(NC OFF時)、連続通話時間が最大24時間(NC ON時)/最大30時間(NC OFF時)、待受時間が最大30時間(NC ON時)/最大200時間(NC OFF時)。

 

30時間もあれば十分な時間使えますよね。

 

その他の仕様など

Bluetoothのバージョンは5.0、対応プロファイルはA2DP、AVRCP、HFP、HSP、対応コーデックはSBC、AAC、LDACをサポートする。

重量は約254gで、ボディカラーは、ブラック、プラチナシルバーの3色です。

 

ノイキャンが改善された、「WH-1000XM4」。ノイキャン性能にこだわる人に良さそうですね。

WH-1000XM4

ソニー ノイズキャンセリングヘッドホン WH-1000XM4(ビックカメラ) icon