読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ビジョンミッション成長ブログ

ビジネス書や仕事術、iPhone、iPad、Mac、Apple Watch、Android、Xperiaの情報などを紹介。ビジョンやミッションを持って成長していくために参考になることを書いています。

【読書】8月に私が再読したい本10冊。名著を中心に学ぶ

ビジネス書・本の書評

8月になりました。暑い日が続いていますが、今月は、名著を中心に本を再読したいと思っています。名著に学ぶところは大きいので、今月は、名著を再読しようと思っています。哲学や思想系の人が書いた本が多いでしょうか。

ということで、わたしが再読した本を10冊まとめておきます。こうやって再読したい本をまとめておくと、細切れ時間などに意外と読んだりするので良いですね。

 

内容は簡単に触れるだけにしておきます。どれも読んだほうが良い本なので。

 

f:id:kobabiz:20160804112519j:plain

8月に私が再読したい本10冊。名著を中心に学ぶ 

人はなぜ戦争をするのか 

人はなぜ戦争をするのか エロスとタナトス (光文社古典新訳文庫)

人はなぜ戦争をするのか エロスとタナトス (光文社古典新訳文庫)

  • 作者: フロイト,中山元
  • 出版社/メーカー: 光文社
  • 発売日: 2008/02/07
  • メディア: 文庫
 

フロイトが、アインシュタインの質問に答えた本ですね。

人はなぜ戦争をするのか。

8月なので、こんなことを考えたいなと思っていたりします。なので、こちらを再読したいと考えています。

 

永遠平和のために

永遠平和のために (岩波文庫)

永遠平和のために (岩波文庫)

  • 作者: カント,Immanuel Kant,宇都宮芳明
  • 出版社/メーカー: 岩波書店
  • 発売日: 1985/01/16
  • メディア: 文庫
 

カントの平和論ですね。

こちらも合わせて読んで、平和と戦争を考えるというのはありでしょう。

なので、こちらも合わせて読みたいと思っています。 

 

道徳感情論

道徳感情論 (講談社学術文庫)

道徳感情論 (講談社学術文庫)

  • 作者: アダム・スミス,高哲男
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2013/06/11
  • メディア: 文庫
 

平和や戦争というと、道徳や感情というイメージが、わたしにはあります。

だから、こちらのアダム・スミスの道徳感情論も再読したいところです。

道徳はどこから来るのか。そんなことを考えたいですね。 

 

権力への意志 

ニーチェ全集〈12〉権力への意志 上 (ちくま学芸文庫)

ニーチェ全集〈12〉権力への意志 上 (ちくま学芸文庫)

  • 作者: フリードリッヒニーチェ,Friedrich Nietzsche,原佑
  • 出版社/メーカー: 筑摩書房
  • 発売日: 1993/12
  • メディア: 文庫
  • クリック: 8回
 
ニーチェ全集〈13〉権力への意志 下 (ちくま学芸文庫)

ニーチェ全集〈13〉権力への意志 下 (ちくま学芸文庫)

  • 作者: フリードリッヒニーチェ,Friedrich Nietzsche,原佑
  • 出版社/メーカー: 筑摩書房
  • 発売日: 1993/12
  • メディア: 文庫
  • クリック: 5回
 

道徳というと、ニーチェが次に思い浮かびます。

権力への意志も、合わせて読みたいですね。道徳を考える際に、この『権力への意志』も読むと良いなと思います。

道徳とは関係なく、読んでみるとおもしろいと思います。とは言え、初めて読む人には断片的な感じではあるので、何かしら入門などを読んでみると良いと思いますが。

  

論語と算盤

現代語訳 論語と算盤 (ちくま新書)

現代語訳 論語と算盤 (ちくま新書)

  • 作者: 渋沢栄一,守屋淳
  • 出版社/メーカー: 筑摩書房
  • 発売日: 2010/02/10
  • メディア: 新書
 

道徳という話だと、『論語』も外せないなと思うのですが、そのまま『論語』を読むよりは、そろばんもあったほうがおもしろいですよね。

ということで、論語と算盤です。

道徳と経済。

ここに来て、アダム・スミスともつながってきたりしますよね。 

 

それでもなお人を愛しなさい 

それでもなお、人を愛しなさい―人生の意味を見つけるための逆説の10カ条

それでもなお、人を愛しなさい―人生の意味を見つけるための逆説の10カ条

  • 作者: ケント・M・キース,Kent M. Keith,大内博
  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • 発売日: 2010/08/21
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

 『論語』というと、仁。愛ですね。

ということで、こちらの逆説の10カ条も時間があったら、見返したいですね。

読むというよりは、ちょっと見返して、考えるといったところになると思いますが。

 

ブッダのことば

ブッダのことば―スッタニパータ (岩波文庫)

ブッダのことば―スッタニパータ (岩波文庫)

  • 作者: 中村元
  • 出版社/メーカー: 岩波書店
  • 発売日: 1958/01
  • メディア: 文庫
 

論語というと、ブッダを思い出すのはわたしだけですかね。 

なので、ブッダの言葉も、再読したいですね。

たしか、平和についても書かれている部分があったような。ブッダや仏教も平和と関係してきますね。

 

ファースト&スロー

ファスト&スロー (上)

ファスト&スロー (上)

  • 作者: ダニエルカーネマン,村井章子
  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • 発売日: 2012/12/28
  • メディア: Kindle版
 
ファスト&スロー(下) あなたの意思はどのように決まるか? (ハヤカワ・ノンフィクション文庫)

ファスト&スロー(下) あなたの意思はどのように決まるか? (ハヤカワ・ノンフィクション文庫)

  • 作者: ダニエル・カーネマン,村井章子
  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • 発売日: 2014/06/20
  • メディア: 文庫
 

仏教、ブッタというと、瞑想が思い浮かびます。

瞑想というと、脳。脳と心理学、経済。このあたりを考えたいなら、行動経済学がおもしろいですよね。 

ファスト&スローを、また再読したいなと思います。 

 

自分の小さな箱から脱出する方法

自分の小さな「箱」から脱出する方法

自分の小さな「箱」から脱出する方法

  • 作者: アービンジャーインスティチュート,金森重樹,冨永星
  • 出版社/メーカー: 大和書房
  • 発売日: 2006/10/19
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

というように脳まで考えたら、自分と他人の関係も考えてみたいですよね。

自分と他人の関係を考えるのに、本書もいいでしょう。

自己正当化や、なぜ人を責めたくなるのかといったことを考えるのに良いと思います。 ということで、再読します。

 

本田宗一郎 夢を力に

本田宗一郎夢を力に―私の履歴書 (日経ビジネス人文庫)

本田宗一郎夢を力に―私の履歴書 (日経ビジネス人文庫)

  • 作者: 本田宗一郎
  • 出版社/メーカー: 日本経済新聞社
  • 発売日: 2001/07
  • メディア: 文庫
 

ホンダ創業者の本田宗一郎氏の「私の履歴書」ですね。夢を力にして、どうやって夢を実現していくのか。

そんなことを感じられる本ですね。行動のエネルギーになると思うので、再読します。 

 

まとめ: 8月に私が再読したい本10冊。名著を中心に

8月は、夏休みで読書感想文というイメージもありますよね。大人になって、読書感想文を書くかどうかはありますが、なんとなく、夏休みのあいだなどに、名著を読みたい気分です。

ビジネス書の新刊を読みたい方は、こちらをご参考に

ビジネス書をビジネスのチカラに

『リーダーの本棚』から読みたい本13冊

読んでおきたい本10冊、ビジネス書の定番や古典などから

おすすめの本・ビジネス書を2015年読んだ良書から15冊

ということで、わたしは、8月にこんな名著を中心に再読したいと思っています。

follow us in feedly