ビジョンミッション成長ブログ

ビジネス書や仕事術、iPhone、iPad、Mac、Apple Watch、Android、Xperiaの情報などを紹介。ビジョンやミッションを持って成長していくために参考になることを書いています。

SONY WF-1000XM3を購入・完全ワイヤレスイヤホンノイズキャンセリング。開封写真とちょっとした感想。レビュー

SONYのWF-1000XM3を購入しました。

完全ワイヤレスのBluetoothイヤホンで、ノイズキャンセリング機能があるというのが、大きな特徴ですね。

AirPods2も使っているのですが、ノイキャンを試してみたかったのが大きくて、購入しました。

 

ということで、簡単な開封写真と感想、レビューを書いておきます。 

 

 

 

WF-1000XM3

SONY WF-1000XM3を購入・完全ワイヤレスイヤホンノイズキャンセリング。開封写真とちょっとした感想。レビュー

WF-1000XM3の外箱

WF-1000XM3の外箱

外箱は、こんな感じです。

Googleアシスタントが使えて、ワイヤレスで、ノイズキャンセリングだというのが、わかりますね。

わかりやすい外箱です。

ソニーらしい?かも。 

開封

開封

開封すると、ペアリングなどについての説明が書かれています。

ペーリングするには、ケースに入れて、電源をオンにするというのがまずありますね。

わかりやすく説明してくれているのは、良いですね。

WF-1000XM3のイヤホンとケース

開封。WF-1000XM3

WF-1000XM3のイヤホンとケースです。

イヤホンをケースに入れて、充電できます。

 箱に入っているときは、イヤホンはケースに入っていません。

説明

WF-1000XM3の説明


そして、ケースとイヤホンを取り出すと、アプリをiPhoneかAndroidスマホにインストールして、イヤホンを取り出して、ペアリングするということです。

 

Sony | Headphones Connect

Sony | Headphones Connect

  • Sony Home Entertainment & Sound Products Inc.
  • ユーティリティ
  • 無料

play.google.com

この「Sony Headphones Connect」アプリで、設定などができます。 

 

同梱物

同梱物

同梱物は、イヤーピースとUSB-Cケーブルと説明書ですね。

イヤーピースが入っているのは良いですよね。

 

ケース

WF-1000XM3のケース

WF-1000XM3のケースです。

赤く光っているのは、充電中ということですね。充電しているのがわかるのは良いですね。

Xperiaなどだと、NFCでペアリング可能

Xperiaなどだと、NFCでペアリングが可能です。

イヤホンを取り出して、ケースを近づけると、ペアリングが完了するので便利ですね。

 

iPhoneは、Bluetoothで接続してから、アプリで接続して、設定という形ですね。

マルチペアリングが可能

Xperia 1とiPhone XS Maxにペアリングしてみました。

マルチペアリングが可能ですね。

最近のBluetoothイヤホンは、たいていそうですが、WF-1000XM3も可能です。やはり複数の機器で使うというのはありますから、マルチペアリングができると良いですよね。

カラーは、ブラックを選択

WF-1000XM3のカラーは、プラチナシルバーとブラックがあります。

ブラック

カラーは、ブラックにしました。

プラチナシルバーもいいと思うのですが、今回は、ブラックにしました。

 

AirPods2が白なので、黒が良いかなと。

 

WF-1000XM3の主なスペック、仕様

WF-1000XM3。ソニー、ノイズキャンセリング機能搭載ワイヤレスイヤホンを発売 - スマホウェブデジタル情報ブログ

イヤホン

重量:約8.5 g×2
型式 密閉, ダイナミック
ドライバーユニット 6mm ドーム型(CCAWボイスコイル採用)

電源 DC3.7V : 内蔵充電式リチウムイオン電池
充電時間 約1.5時間
充電方法 USB充電(ケース使用)
電池持続時間(連続音声再生時間) 最大6時間(NC ON)/最大8時間(NC OFF)
電池持続時間(連続通話時間) 最大4時間(NC ON)/最大4.5時間(NC OFF)
電池持続時間(待受時間) 最大9時間(NC ON)/最大15時間(NC OFF)

Bluetooth

通信方式 Bluetooth標準規格 Ver.5.0

出力 Bluetooth標準規格 Power Class
最大通信距離 見通し距離 約10m
使用周波数帯域 2.4GHz帯(2.4000GHz-2.4835GHz)
対応Bluetoothプロファイル A2DP, AVRCP, HFP, HSP
対応コーデック SBC, AAC
対応コンテンツ保護 SCMS-T
伝送帯域(A2DP) 20Hz - 20,000Hz(44.1kHzサンプリング時)

カラー プラチナシルバー、ブラック

 

ノイズキャンセリングは、そこそこ

ノイズキャンセリングは、そこそこだなと思います。

 

設定でいろいろとできますが、外音を取り込まないようにしても、音楽を流さないなら、聞こえるという感じですかね。

ヘッドホンタイプではないので、このくらいなのでしょう。

でも、ノイキャンがないよりは、あったほうが良いなというのは思いますね。

 

音は、AirPodsよりは良いと思う

音は好みだと思うのですが、AirPodsよりは良いと思います。

そういう意味では、完全ワイヤレスのイヤホンとしては、こちらのほうが良いかもしれません。

 

ただ、iPhoneだと、AirPodsのほうがお手軽というのはありますね。Macなどもあるとしたら、簡単に切り替えられますし。

逆に、XperiaやAndroidユーザーは、WF-1000XM3のほうが良い感じに使えるというのはありそうですね。

 

音切れも遅延もほとんどない

まだ、そこまで使っていないですが、ここまで、音切れも遅延もほとんどないですね。

動画などでも、遅延を感じるというのは、ない感じです。

音ゲーはわかりませんが。 

Windowsには接続できたが、Macには?

あと、Windowsには接続できましたが、Macにはどうなのかな。iPadにもアプリをインストールして接続できました。

WF-1000XM3をMacに接続はできるのか。 

今のところ、わたしはできていないです。

そう考えると、Macユーザーには、AirPodsなのかもしれません。

追記

リセットして、まずMacから接続していくことで、接続できました。

リセットは、イヤホンをケースに入れて、左右のタッチパネルを10秒ほど押しておくと工場状態に戻るようです。

つなげ方などは、以下の記事に書きました。

WF-1000XM3を、Macとペアリングしてつなげる方法 - ビジョンミッション成長ブログ

WF-1000XM3が、iMacで途切れる。原因は、Magic Trackpad2でした

WF-1000XM3・感想レビュー 

ということで、ソニーのWF-1000XM3を購入しました。

ノイズキャンセリングは、そこまでではないですが、音も悪くないですし、音切れもあまりなさそうです。

Android、Windowsユーザーには良いですね。

 

あとは、個人的には、Macに接続できるのかどうかですね。あ、Siriは使えますね。「Hey,Siri」はイヤホン経由ではできないようですが。